コンビニ 医薬品

コンビニ買える医薬品について

医薬品が薬局以外で購入できる。

 

これって実はかなり最近になってからのことなのです。

 

というのも1999年以前は、滋養強壮剤やビタミン剤を買えるのは薬局だけでした。

 

しかし、いまやコンビニの一角にこういったドリンク剤が売られているのは周知の事実です。

 

どうしてこうなったのかというと、国が高騰する医療費の抑制政策の一環として行った規制緩和の影響です。

 

2004年にはさらにコンビニでも取り扱える品目数が拡大されました。

 

これによって健医薬や整腸剤なども24時間営業のコンビニで購入できるようになりました。

 

しかし、もっとも需要が高いであろう風邪薬や解熱鎮痛剤などは薬剤師がいる薬局でしか購入できないようになっていました。

 

が、最近になってコンビニでも一部医薬品の取り扱いがはじまりました。

 

2009年の改正です。

 

医薬品(大衆薬品)は効果や効能があるだけに副作用のリスクもあります。

 

ですから、そのリスクを最小限に抑えるために医薬品を分類することで専門家が販売できるようになったのです。

 

この分類によって、いままでは薬剤師が常駐する薬局でないと販売できなかった医薬品が一部販売できるようになりました。

 

といっても、登録販売者を置かなければ販売できません。

 

この登録販売者がいることで、第二類医薬品と第三類医薬品に限って販売できるようになったのです。

 

このためにスーパーやコンビニなどでも薬を販売するようになっています。

 

さて。

 

では、登録販売者とはどういったものなのでしょうか。

 

少し書いてみましょう。

 

登録販売者とは2008年の8月から各都道府県で随時実施されている登録販売者試験というものに合格した人のことです。

 

受験の資格としては一般用医薬品の販売に携わっているという実務経験が必要となっています。

 

試験の内容は、医薬品の特性や基礎知識、人体の働きや主な医薬品の作用や副作用、薬事法に関する法制度などなど。

 

かなり幅広い知識が求められている試験です。

 

こうした試験に合格する人を雇うことでコンビニやスーパーでも第二類医薬品と第三類医薬品が販売できるようになったのです。