シアリス 正規品

シアリスは正規品が一番です

シアリスは、バイアグラ、レビトラに次ぐ第3のED(勃起不全)治療薬です。

2003年にアメリカのイーライリリー社から発売され、日本では2007年から認可されている医薬品です。

日本では医師の処方が必要な医薬品となっています。

しかし、EDの治療に関しては全て保険適用外となるため、医薬品であるシアリスの価格は1錠20mgが2000円前後となっており、海外から個人輸入でシアリスを購入している方が多いです。

個人輸入ですと、日本で処方してもらうよりも、かなり安く済みますが、購入から全て自己責任となり、万が一健康被害があっても自己責任となります。

そのような方に注意してもらいたいのが、シアリスの偽造品です。

現在数多くの個人輸入代行業者がありますが、怪しげな業者も少なくありません。

偽物が送られてきたという口コミも多数目にします。

安心面を考えたら、日本での正規品を購入するのが一番です。

そこで、シアリスの正規品について説明したいと思います。

シアリスは日本で販売されているものは5mg、10mg、20mgの3種類です。

日本のものはPTPと言われるアルミなどの薄い金属とプラスチックで1錠ずつ分けて放送したものです。

錠剤で黄色い色です。

C5、C10、C20など規格のmg数が書かれています。

輸入品のアメリカ製のものは、PTPではなく、ボトルタイプだったり、販売している国によって形状が変わります。

しかし、正規品と謳って偽物を販売している業者も多いのです。

シアリスは、アメリカでも20mgまでしか製造されていません。

インターネット上にはこれ以上の「正規品シアリス新商品50mg」などと販売されているものが多数あります。

なぜ50mgかというと、ED治療薬のバイアグラには50mgがあるからだと言われています。

バイアグラにもあるのだから、シアリスにもあるだろうという感覚ですね。

シアリス錠にC50やC100と書かれているものが万が一届いてしまったら、服用せずに捨てましょう。

それは偽物です。

シアリスは正規品を購入しましょう。

>>シアリスの正規品はこちらを確認<<